デザイン美術学科  絵画・版画コース

  • 絵 画
  • 版 画

絵画・版画コース[絵画]

思い思いの表現でオリジナリティを確立

絵画コースでは、基本的な油彩画・日本画・アクリル画の技術を習得するとともに、制作に必要な「見る眼」「感じる心」「考える力」を育てます。個人指導を中心に個々のオリジナリティを大切にし、必要に応じて平面作品だけにとどまらない自由な表現を探求します。

  • 絵 画
  • 版 画
イメージ

授業紹介

1年次の
学び

基本的な油彩画の技術を習得 
いろいろなモチーフを経験することでステップアップ

絵画制作に必要な「画面との対話」する経験を人物画・静物画・風景画を描くことで体感し、基礎的な絵画技術を身につけます。

【基礎実習(絵画)】
キャンバスの張り方、筆の洗い方、オイルの調合の方法など、基本的な油彩画技法を1から学びます。油彩画技法以外にも、アクリル絵の具や他の画材を自由に使いドローイングすることで頭の中のイメージを形にするトレーニングを行います。

2年次の
学び

個々の発想に合った表現・画材・技法で
新しい自分に出あう

少人数だからこそできる個別指導により、自らのアイデアに最適な画材と方法で自由に表現することをめざします。必要に応じて新たな技法を取り入れ、「私だけの表現」を探求。絵画・版画コースでは専攻授業を自由に選択して学ぶことができます。日本画技法・銅版画技法・リトグラフ・シルクスクリーンなど、より専門性を深めることができます。

【専攻実習Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ】

絵画コースが開講する絵画実習、日本画実習、版画コースが開講する銅版画実習・リトグラフ・シルクスクリーン実習から3つの専攻実習を選択できます。

卒業後

4年制大学への3年次編入をして学び続ける学生も多く、また、興味が広がり他分野の専門学校に入学し直す者もいます。働きながら画家や作家として活動を続ける者も多く、様々なギャラリーや美術館で活躍しています。一般企業の事務職に就いたり、デザイナーになる学生もいます。絵画コースで身につけた美学や感覚はあらゆる場面で発揮され、さまざまな分野で活躍しています。
主な就職先
(株)サマンサタバサジャパンリミテッド、大成建設(株)、(株)鶴屋吉信、(株)メリーマート、(株)ヒューマンフォーラム、(株)アドリンク、(株)イスルギ、(株)ジェイオンライン、(株)ワールドクリーンプロジェクト、(株)神戸デザイン・クリエイティブ、カリカチュア・ジャパン(株)、山下印刷紙器(株)、特別養護老人ホーム高齢者福祉施設あまの里、(有)フーミエールジャパン、丹波ひかみ農業協同組合、吹田市立古江台中学校、(株)ギャラリープチフォルム、プラスハート・イオン箕面店、空印寺、サンキュウシステム、白井産業(株)、医療法人社団きむら歯科医院、(株)タケシカンパニー、他
主な進学実績
大阪芸術大学、上田安子服飾専門学校

Teacher's Message

固定概念に縛られず
もっと自由になって良い!

『大学で絵画を学ぶ』というと「油絵具で描かなければならない」とか、「絵ってこうゆうもの」という考えに縛られる学生がたまにいます。絵画コースと言っても洋服をつくる学生がいたり、キャンバスに刺繍したり、切り絵をする学生がいたり、立体をつくる学生がいたり・・・。頭の中に浮かんだアイデアやイメージを、怖がらずに形にしてみてほしい。続けることで、きっと新しい自分に会えるはずです。

特任准教授 北城貴子

授業風景

イメージ
基礎実習(絵画)
コラージュやドローイングでイメージを形にする事や絵画の思考を学び、着衣の女性モデルの人物画を描くことで油彩画技法をイチから学びます。
イメージ
専攻実習Ⅱ(絵画)
スタンダードな共通課題と、個別指導によって紡ぎだした個別課題と2本柱で、技術を個性に磨きをかけます。
イメージ
専攻実習Ⅳ(絵画)
個々の描きたいモチーフを日本画材で描いてみます。2作品を完成させる間に画材の特性を知ることができます。
イメージ
平面表現実習Ⅱ
透明水彩・アクリルガッシュ、アクリル絵具の技術を学び、画材の特性を知り、使いこなす技術を知ることで、新しい表現方法を探求します。

絵画・版画コース[版画]

まずは体験すること!版画ならではの思考、表現に出あう場所。

孔版(シルクスクリーン)、凹版(銅版)、平版(リトグラフ)の基礎的な作品制作に始まり、各版種ごとの特性や制約を専攻実習の中でのさまざまな技法の習得で理解を深め、自分に合った新しい表現方法を得て、自由に発想し卒業制作につなげます。

  • 絵 画
  • 版 画
イメージ

授業紹介

1年次の
学び

凸版だけではない
「版」のおもしろさを体験する。

【基礎実習(版画)】
銅版 (ラインエッチング)、シルクスクリーン (布製品への刷り/2版2色刷り)、リトグラフ (P.S版)
【専攻実習Ⅰ】
各版種ごとの技術習得と理解を深める作品制作

2年次の
学び

どのように扱えばより自分らしく表現できるのか
「版」での思考の時

1つの版種の中でも、表現技法は多様です。「版」での考え方、インクや紙の研究も含め、自分の表現方法を探求します。また、絵画コースの専攻実習も自由に選択して受講できるので、表現の幅をひろげて個性あふれる卒業制作につなげます。

【専攻実習Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ】
版画コースが開講している銅版画、リトグラフ/シルクスクリーンの各実習と絵画コースが開講している絵画実習、日本画実習を自由に選択して受講できます。

卒業後

印刷関係(プリンター等)、デザイナー職、アパレル関係、洋・和菓子関係、事務職等卒業後の活躍のスタイルはさまざまです。短大から4年制大学への3年次編入をして学び続けることもできます。また、働きながら工房等で作品制作をして、作家として活動を続ける卒業生も多数います。
主な就職先
(株)コタニ、(有)チャンネルアッシュ、(株)ギャラリー39、(株)マーカーワークス、佐川モータース、特別養護老人ホームあいハート須磨、(株)ローゼン、(株)マーキュリー、愛媛県西条市役所、(株)グルメ杵屋、日新電機(株)、ウエル・ユーカン(株)、原田織物(株)、医療法人大植会、(株)ダイヤ、(株)レーブドゥシェフ、工房ジオ・パラダイス、熊野本宮観光協会、(株)高尾、プリズム、(株)インテリジェンス、パートナーサービス、(株)ヤスサカ 他
主な進学実績
大阪芸術大学

Teacher's Message

イメージを刷り上げる
版画の楽しさを伝えたい

版画にはさまざまな楽しみがあります。どの版種においても、「版を作る」、「刷る」という作業の中にドキドキとワクワクがつまっています。
そして自分のイメージが刷り上がった時の達成感。やってみないと分からない版の面白さ。感じてください。

客員准教授 大舩光洋

授業風景

イメージ
基礎実習(版画)
凹版(銅版)、孔版(シルクスクリーン)、平版(リトグラフ)の版を使った基礎的な実習を通して版の特性、制約を理解します。
イメージ
専攻実習(版画)
紙凸版による1版1色刷りや平版(リトグラフ)による3版3色刷りなど、実習を通して各版種の理解を深めていきます。

イメージ
版画実習
版画技法(主に水性インクのシルクスクリーン又は銅版画)で連続作品を制作し、手づくりの製本にチャレンジします。
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • 海外研修
  • 卒業生作品
  • 卒業生インタビュー
  • 芸短ライフ
Top