デザイン美術学科  アニメーション・デジタルデザイン・ゲームコース

アニメーション・デジタルデザイン・ゲームコース

コンピュータを使いこなし、デジタルコンテンツを制作します。

アニメーション・デジタルデザイン・ゲームコースでは、進化するデジタル技術を主眼に、さまざまなデジタルコンテンツ制作に必要な技術と表現方法を習得します。 ミュージッククリップ、CMなど様々な動画表現、3Dコンピュータグラフィックス(3DCG)、Webデザイン、デジタルサイネージ(電子看板)などの現在活用されている技術から、バーチャルリアリティ(VR)、モーションキャプチャー、ドローン撮影、360度動画、3Dゲームなど、次世代技術にも取り組みます。
コンピュータとアプリケーションを使いこなせるスキルを伸ばし、その上でオリジナリティ溢れるデザイン力と、進化するテクノロジーに目を向け、柔軟に取り込むことで、新しい表現を生み出せる人材の育成をめざします。

イメージ

授業紹介

1年次の
学び

アニメーション・デジタルデザイン・ゲームに関する制作の基礎を学び
柔軟な発想力と技術力を身につけます。

アニメーション・映像制作、3DCG、Webデザインに欠かせないコンピュータを使ったデジタルコンテンツ制作の基本的な技法を学びます。1年次の基礎実習では、「イラストレーター」や「フォトショップ」などの画像編集ソフト、「プレミアプロ」「アフターエフェクツ」などの動画編集ソフトなどをマスターし、ドローンや360度・VRカメラでの撮影も体験します。

2年次の
学び

1年次の基礎技術を活かし、
独創性と新たな表現力を習得します

2年次からは3DCGソフト「Maya」をマスターし、3DCGアニメーション、モーションキャプチャー、VRコンテンツ、3Dゲーム制作、Webデザイン、デジタルサイネージなど、あらゆるデジタルコンテンツ制作に対応できる人材を育成します。

卒業後

3DCG制作やアニメーション、ゲーム制作、Webデザイン、デジタルサイネージなどにおけるデザイナーなど、様々なデジタルコンテンツを制作する職業への可能性や、映像作家、アニメーション作家、VRアーティストといったメディアアーティストへの可能性が開かれています。今後、デジタルコンテンツ制作の知識を活かした職種、アートの領域は、さらに多岐にわたると思われ、アイデアを具現化するスキルや新しい技術への対応能力の需要はますます大きくなっています。
主な就職先
(株)大同工業所、チモロ(株)、内田写真(株)、毎日マーク(株)、(株)ユニクロ、STUDIO ARC、山下印刷紙器(株)、一畑電気鉄道(株)、(株)小倉商会、(有)黒田デザイン事務所、(株)クロスカンパニー、(株)オーエフティー、(株)長崎堂、(株)黒船、(株)グッドアピール、(株)ティーアイアール、(有)五感

Teacher's Message

新しいことに挑戦する
チャレンジ精神を持ちましょう

表現力、観察力、発想力などデザインやアートにおける基本的なことを大切にしつつも、コンピュータでの作品制作で必要な思考力、問題解決能力を伸ばしていくことが大切です。また、新しいテクノロジーや表現手法が絶えず生まれる現代においては、社会に目を向け、情報収集を続けて、新しいことに挑戦するチャレンジ精神を持ちましょう。

Check!
講師 柏原 剛

授業風景

イメージ
基礎実習(アニメーション・デジタルデザイン・ゲーム)
アニメーションや映像制作を中心にコンセプトづくりから、イメージの構築、アイデアスケッチ、本制作、発表までのプロセスを学習します。
イメージ
専攻実習Ⅳ(アニメーション・デジタルデザイン・ゲーム)
3DCG、VR、Webデザイン、デジタルサイネージを中心に制作活動を行い、アイデアを具現化する技術力、新しいテクノロジーを取り入れる思考力を磨きます。
イメージ
アニメーション実習Ⅱ
 
ストップモーション、モーショングラフィックス手法を使い、楽曲のイメージに合わせたPV風の映像作品制作からデジタル映像編集技術までを習得します。
イメージ
アニメーション実習Ⅰ
映像、ゲームなどすべての動く絵を対象に、メディアの違いに合わせたアプローチ方法を探り、デジタルイラストレーションの基本を学びます。
Top