デザイン美術学科  工芸・立体デザインコース

工芸・立体デザインコース

工芸や立体造形を制作することで、造形の可能性をひろげます

1年次はガラス・陶芸・木彫を通して素材の特性を体験します。専攻実習ではより深く素材や道具に触れる機会を持ち、自分に適した素材の発見につなげます。2年次は各自で自由に素材を選択し、工芸の表現や立体造形の表現を学び、自分自身の作品制作へと指導し、卒業制作を完成。造形の可能性をひろげます。

イメージ

授業紹介

1年次の
学び

工芸や立体造形の
基礎を学びます

【基礎実習】
ガラス工芸・陶芸・木彫の制作を通して工芸や彫刻の基礎を習得します。
【専攻実習】
生活と関わり合いの深い工芸や造形性の高い立体造形作品を実習を通して実際に制作をすることで考えます。

2年次の
学び

自らの資質に合った素材を基に
感性溢れる作品づくりを進める

【専攻実習Ⅱ】
粘土の可能性を利用し造形する立体表現を繰り返し行うことで造形の可能性を考えます。
【専攻実習Ⅲ】
ガラスと陶芸に分かれ、それぞれの素材を工芸素材として階段を昇るように自分自身の成長を実感する授業を行います。
【専攻実習Ⅳ】
自分自身が選んだ素材が本当に自分に合っているか確認しながら、石や木・金属などの素材にもチャレンジしていろいろな素材の可能性を学びます。
【卒業制作】
自らの資質に合った素材を使い、感性あふれる作品づくりを行います。

卒業後

大阪芸術大学彫刻コース・陶芸コース・ガラス工芸コースへの編入や作家への道が開けています。また、造形の知識と技術が求められる一般企業でも活躍しています。平面のものから立体的に物事を考える力が身につき、あらゆるモノづくりの現場で活躍の場が広がっています。
主な就職先
(株)嘉祥窯、シューワキャリアパワー(株)、アクティオ(株)、渡辺パイプ(株)、(株)ジーアンドシーアート、ふじの歯科医院、Nike Clearance Store、読谷山焼陶器制作大嶺亜人、田中電機(株)、佐川急便(株)、コアーズインターナショナル(株)、(株)エスポワール、阪神ネジ(株)、(株)大黒商事、大同信用組合、ジャムガーデン、(株)アドタイム、自衛隊、京都湯の川温泉松園荘保津川亭、(株)スズキインテリア、浪速クラブ、特定非営利活動法人きらら、(株)クヌギザ、他
主な進学実績
大阪芸術大学、多摩美術大学、京都府陶工高等技術専門校、富山ガラス造形研究所

Teacher's Message

固定概念を破ることが
独創的な発想に繋がる

工芸・立体造形には多種多様な素材があり、自分の個性に合った素材をみつけることが大切です。さらに固定概念を破ること、過去の成功体験が頭に残っていると、その枠に凝り固まってしまい、自由な発想の邪魔になることも。自分だけの独創性を発揮して欲しいですね。工芸や立体造形で学んだことは工芸や美術の世界だけではなく社会に出ても必ず役に立つ体験であると考えています。

准教授 堀野利久

授業風景

イメージ
基礎実習(工芸・立体デザイン)
ガラス・陶芸・木3つの素材を使い素材の特性を学び基礎的な作品をつくります。
イメージ
専攻実習(工芸・立体デザイン)
工芸・立体造形の可能性を学び、ガラス・陶芸・木・金属等の素材を通して装飾技法体験し、制作技法を体験しながら作品をつくります。
イメージ
工芸Ⅰ(陶芸)
ひもつくり・板つくり・ロクロ成形等基礎的な成形技法、絵付や化粧等装飾技法を学び器やオブジェをつくります。
工芸Ⅱ(ガラス)
工芸Ⅱ(ガラス)
吹きガラス、バーナーワーク、フュージング、スランピング、パート・ド・ヴェール等、ガラス工芸の基礎技術を体験します。
Top