デザイン美術学科  カリキュラム

カリキュラム

  講 義 演 習 実 習
必修科目 美術学概論
デザイン概論
コンピュータ基礎
研究指導 I
研究指導 II
デッサン
専攻実習 I
専攻実習 II
専攻実習 III
専攻実習 IV
卒業制作
選択必修科目     基礎実習 I(グラフィックデザイン・イラストレーション)
基礎実習 II(アニメーション・デジタルデザイン・ゲーム)
基礎実習 III(空間演出デザイン)
基礎実習 IV(絵画・版画)
基礎実習 V(アートサイエンス)
基礎実習 VI(工芸・立体デザイン)
基礎実習 VII(キャラクター・マンガ)
基礎実習 VIII(フィギュア)
選択科目

インテリアデザイン論
広告表現
メディアと著作権
デザイン史
人間工学
建築学概論
材料学
環境デザイン論
美学概論
工芸論
美術史
人体の美
キャラクター原論 I
キャラクター原論 II
原作基礎

色彩演習
CAD I
CAD II
トイデザイン
漫画研究 I
漫画研究 II
原作演習
3D計画
文化芸術情報
Web制作演習
プログラミング演習
海外演習 I
海外演習 II
アニメーション実習 I
アニメーション実習 II
造形実習 I
造形実習 II
立体アート
写真
空間表現実習
プロダクトデザイン実習
平面表現実習 I
平面表現実習 II
工芸 I(陶芸)
工芸 II(ガラス)
ディスプレイ実習
フラワーデザイン実習
ガーデンデザイン実習
グラフィックデザイン実習
クリエイティブ研究
パッケージ・タイポグラフィ実習
版画実習
※2019年度カリキュラム(一部変更することがあります。)

実務経験のある教員等による授業科目の一覧>

必修科目

イメージ
コンピュータ基礎
イラストレータ、フォトショップなどコンピュータソフトの使い方を習得。さまざまなテーマの課題作品制作を通して、デジタルデータを正しく理解します。
イメージ
デッサン
立方体から人物まで空間でのモノの見え方を理論的に理解した上で、対象物の正しい形を捉える眼を身につけ、デッサン力を高めます。
イメージ
美術学概論
中世のミニアチュール作品を中心に、美術作品を読み解き、美術という豊かな表現力をそなえたジャンルをより深く理解します。
イメージ
デザイン概論
さまざまなデザイン領域について総合的に学ぶ授業です。通常講義に加え、各分野で活躍中のスペシャリストを招いたオムニバス形式の特別授業を実施します。
イメージ
卒業制作
2年間の学びの集大成として、半年かけてオリジナル作品づくりに取り組みます。

選択科目

イメージ
キャラクター原論Ⅰ、Ⅱ
宗教や動物、ロボットなど多様なキャラクターを学び、その重要度を理解するとともにキャラクターの活かし方を考えます。
イメージ
クリエイティブ研究
7コース10専攻が同時に開講するデザイン美術学科ならではの授業。各自半年間の研究テーマを決め、専攻を超えてさまざまなコースの教員の指導を受けながら作品の完成度を高めます。
イメージ
写真
一眼レフカメラの基本操作を習得し、写真の基礎知識を身につけます。実撮影から画像データ編集、出力までの一連の流れを学びます。
イメージ
造形実習Ⅱ/人体表現
モチーフを人体に絞り、基本となるクロッキーからデッサン、着彩、塑像などさまざまな人体表現技術に自由に挑戦します。
イメージ
人体の美
人体の構造(骨や筋肉の名称・形状・働き)について解剖学的な基礎知識を習得。アニメやキャラクターと現実の人間の違いを知り作品にいかします。
イメージ
プロダクトデザイン実習
 
テーブルウェアなどの身近な生活用品のオリジナルデザインを提案。型の基礎知識を習得し、製品の量産プロセスを理解します。
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • 海外研修
  • 卒業生作品
  • 卒業生インタビュー
  • 芸短ライフ
Top