大阪芸術大学短期大学部 広報学科演劇・演技演出コース 第3回卒業公演
 
大阪芸術大学短期大学部 広報学科演劇・演技演出コース 第3回卒業公演

小野寺 昭 企画・監修
さとうしょう 脚本・演出

2011年2月26日(土) 15:30 開演 (15:00開場)

川西市 みつなかホール MAP >> 

今と違って、手紙と言うものが唯一の通信手段であった頃、一通の文が歴史の明暗を分けることが多かった。有名な本能寺の変の直後、秀吉は信長がまだ生きて居ると見せかけた手紙を送り天下をとった。また江戸城を無血開城に導いた皇女和宮の手紙しかりである。  この物語は、天平の頃の恋文と思しき古文書を現代の若者が偶然みつけたことから始まる。その手紙はある娘が恋しい男に宛てたものだった。届かなかった古代の一通の手紙、学生たちはその手紙を元に歴史を辿って行くうちに不思議な体験に遭遇する。  ストーリーは、現代の若者達がその恋文とおぼしき古文書を読み解いて行くと言う形で、天平時代から、現代へ、現代から江戸へと行きつ戻りつする形態をとりながら、古代の恋人たち現代に生きる若者達の苦悩と喜び、仲間の大切さを描いて行く。  人は恋しい人の為にこんなにも長く、強く、愛し続けることが出来るのか、友の為に、仲間の為に、無償の愛を注ぐことが出来るのか若者達の恋物語を主軸に、男女の愛ばかりではなく人間としての本来の愛のあり方を問うと共に、人はその愛を支えに生きて行くものだと言うことに気づかされる愛と友情の青春応援歌となっている。 天平からのラブレター
お問合せ
大阪芸術大学短期大学部広報学科  
TEL 072-777-3353 FAX 072-777-6058
大阪コンサート協会
TEL 06-6762-2204 FAX 06-6762-2247