保育学科  カリキュラム

カリキュラム

  講 義 演 習 実 習
必修科目 教育原理 *1
同和保育
保育・教育の心理学 I *1
保育・教育者論 *1
保育・教育課程論 *1
図画 *1 *3
工作 *1 *3
音楽 I *1 *3
音楽 II *1 *3
保育内容(音楽表現) *1 *2
保育内容(造形表現)*1 *2
保育内容(人間関係) *1 *2
保育・教育内容総論 *1
保健体育 I *1 *3
保健体育 II *1 *3
保育内容(環境)I *1 *2
保育内容(環境)II *1 *2
保育内容(言葉)I *1 *2
保育内容(言葉)II *1 *2
保育内容(健康) I *1 *2
保育内容(健康) II *1 *2
保育・教職基礎演習(幼稚園)
保育・教職実践演習(幼稚園) *1
 
選択科目


国語 *1 音楽 III *1
音楽 IV *1
 



教育史 *1
幼児理解と教育相談の理論及び方法 *1
教育の方法と技術 I *1
教育の方法と技術 II *1
教育実習指導 *1
教育実習 *1




保育原理
社会福祉
児童家庭福祉
社会的養護
子どもの保健 I
子どもの保健 II
家庭支援論
乳児保育
子どもの食と栄養
保健実習指導 I
保育・教育の心理学 II
保育・教育相談支援
社会的養護内容
相談援助
子どもの保健 III
障害児保育
保健実習指導 II・III
保育実習 I
保育実習 II
保育実習 III




看護介護の基礎知識
医学知識入門
コンピュータ I
コンピュータ II
音楽 V
音楽 VI
音楽 VII
音楽 VIII
造形表現指導法 I
造形表現指導法 II
子どもの食と栄養実習



  チャイルド・スポーツ研究 I
チャイルド・スポーツ研究 II
海外研修 I
海外研修 II
特別演習 I
特別演習 II
 
*1教科・教職に関する科目(幼稚園2種免許)
*2保育内容演習
*3保育の表現技術
※2017年度カリキュラム(一部変更することもあります。)

必修科目

イメージ
音楽 Ⅲ・Ⅳ(ピアノ)
演奏や発声の技能を高める
子どもの歌を中心に弾き歌いや伴奏付けなどを学習します。豊かな表現力に必要な発声法や読譜力、音程、リズムなどの練習を行いながら、音楽の能力を高めます。
イメージ
工作
乳幼児の立体表現を考える
いろいろな造形素材に触れながら、保育における乳幼児の立体表現について理解を深めます。実際の導入展開方法を探りながら、造形保育のセンスを開発します。
イメージ
図画
造形保育のあり方を考察する
乳幼児の表現活動を理解し、造形保育のあり方について考察します。実際にいろいろな描画造形素材に触れながら、具体的な導入方法を探ります。
イメージ
保育・教育内容総論
保育計画の基礎と技術を習得
幼児の発達や遊び、幼児教育の歴史を通して幼稚園教育の基礎を学習。さらに幼児の発達に基づいた指導計画の作成手順と考え方について考察します。
イメージ
保育内容(健康)
乳幼児の心身発達のあり方を学ぶ
乳幼児の心身の発達について理解し、子どもが遊びを通して健やかに成長できるための知識と技能を身につけます。体を使った実技を通して修得します。
イメージ
保育内容(言葉)
乳幼児の言葉の発達にかかわる
乳幼児がどのようにして言葉を身につけていくか、発達にあわせた適切なかかわり方を学習します。絵本の読み聞かせ、手遊びなどの練習に取り組みます。

選択科目

イメージ
保育・教育者論
保育者としての知識と資質を身につける
幼児教育の歴史と先駆者たちの思想を学びながら、現代における保育者の使命と役割を考察します。
イメージ
子どもの食と栄養
小児期の栄養と食生活を学ぶ
栄養学の基礎を学び、小児期の栄養と食事のあり方を具体的な事例を通じて習得します。
イメージ
乳児保育
乳児と保育者とのかかわりを知る
乳児の心身の発達と保育者とのかかわりについて知識と技術を学習。現場の事例をもとに考察を深めます。
イメージ
看護介護の基礎知識
看護と介護について体験する
看護と介護の基礎について、理論だけではなく、実際に体験することでその知識と技術を修得します。
イメージ
障害児保育
障害をもつ子どもを理解し、かかわり方を習得する
障害児保育の歴史や現在、主な障害について学習。個別的、集団的それぞれの保育方法を理解します。
イメージ
保育内容(音楽表現)
音楽を通じて表現力を磨く
保育に必要な豊かな感性や表現力を、音楽を通じて学びます。保育の現場で活用できる実践力を身につけます。
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • 海外研修
  • 保育実習
  • 卒業生インタビュー
Top