メディア・芸術学科  ポピュラー音楽コース

ポピュラー音楽コース

音を紡ぎ心で奏でる表現者を育みます。

音楽史・コード理論などポピュラー音楽の基礎力を養い、ヴォーカル・ギター・ドラムなどパートごとの専門的な技術やステージライブなど演奏する力を総合的に習得。現役のプロミュージシャンによる指導が受けられます。

イメージ

授業紹介

1年次の
学び

歴史や理論の基礎とともに
歌や楽器の基本を身につける

歌と楽器の基礎的な演奏力を身につけ、さらに音楽理論や歴史を学び、知識を深めます。

【ギター基礎演習】
コードやスケールなどの基礎を学び、実践により演奏力も習得します。
【ヴォーカル基礎演習】
呼吸・発声・滑舌などの基礎を習得。前期はコーラス形式、後期はソロやデュオを体験します。
【コード理論】
コード進行や音楽の組み立て方を学びます。
在校生インタビュー 2年生 澤井遥菜

2年次の
学び

クリエイター、プレイヤーとしての
感性をさらに磨く

楽器や歌、制作など専門的な技術をさらに極めます。

【ヴォーカル表現演習】
歌唱技術とともにリズム感やハーモニーなど実力強化を図ります。
【ベース表現演習】
ハンマリング・オン、プリング・オフなど高度なエレキベース奏法を実践練習します。
【音楽制作表現演習】
DTMの基礎を習得し、個性を活かし、自己表現の幅を広げます。

音楽制作表現演習(DTM)

音楽制作表現演習(DTM)

卒業制作

卒業制作

卒業後

卒業後、歌手、ミュージシャン、作詞、作曲家の他、ゲーム音楽制作など、音楽に関連する幅広い進路が広がります。また、ヴォイストレーナーや音楽講師といった指導者の立場として、培った専門知識と技術を活かす道もあります。
主な就職先&進路
島村楽器、三宅金属(株)、池田開発、テレコムサービス(株)、エフエムあまがさき、福山通運(株)、(株)日本総合音楽研究
● シンガーソングライター/オリジナル曲を弾き語りやバンドで発信。プロダクションやレーベルと契約して活動します。
● ヴォーカリスト&ミュージシャン/プロの演奏家になると、番組・CM・イベント・カラオケなど音楽業界のさまざまなシーンで活躍できます。
● サウンドクリエーター/DTM制作した楽曲を、映画・演劇・放送番組・CM・携帯ゲーム機などに提供します。
● 音楽プロデューサー/タレントや音楽出版物(CDや楽譜)の企画・制作・プロモーションなどを手がけます。
● 音楽イベント制作/ライブハウスやさまざまな催しの音楽部門を担当。企画やアーティストのブッキングを行います。
● 音楽関連企業
● 音楽講師
● 大学進学

Teacher's Message

現役のプロミュージシャンが音楽の基礎から指導。
豊富な発表の機会を利用して思い切り表現しよう

プロが直接指導して、ポピュラー音楽の基礎から学びます。プロムナードコンサートやオープンキャンパスなど、学内外での発表の場は年間で10回以上。非常に恵まれた環境であると言えます。ただ、バンド活動は、音楽が好きということと同時にコミュニケーション力とプロデュース力が必要だということも理解して欲しいですね。

Check!
教授 中出安子
神戸女学院大学音楽部ピアノ科研究科を首席で修了。
国内外でクラシックピアニストとして活動。ポピュラーピアノ演奏や作編曲、CM制作、タレント育成など多方面で活動する。

授業風景

身体表現系

イメージ
ヴォーカル基礎演習
楽器として、言語伝達としての歌を知る
呼吸・発声・滑舌についてイメージを整理・改善。前期はコーラス形式、後期はソロやデュオのヴォーカルを体験し、音楽の基礎教養を身につけます。
イメージ
ベース基礎演習
高度なエレキベース奏法を学習
エレキベースの高度なスケール練習を実践。ハンマリング・オン、プリング・オフ、スラップ奏法など高度な奏法をレッスンし、演奏力の幅を広げます。
イメージ
ギター基礎演習
多様な音楽に対応できる演奏技術を身につける
コード、スケールの理解と読譜力を向上。さまざまな音楽に対応できる技術と感性を磨き、確かな演奏力を習得します。
イメージ
音楽制作基礎演習
DTMを学び、自己表現の幅を広げる
DTMの基本的操作を学び、演奏技術を身につけ、個々の感性を生かした自由な音楽制作をめざすための基礎を学んでいきます。
イメージ
ドラム基礎演習
8ビートからラテンリズムまで多様なリズムを習得
ルーディメンツ(小太鼓の基礎奏法)にはじまり、ドラムセットによるあらゆるリズムの習得・応用を実践。また読譜力向上のための初見演奏も随時行います。
イメージ
キーボード表現演習
文字と耳と鍵盤で演奏する力を身につける
現代ポピュラー音楽の基本であるコードネームを理解し、演奏表現力を向上。小グループ単位でメロディ等を演奏しながら高い技術を会得します。
イメージ
アンサンブル
ポピュラー音楽の根幹を体感
リズム・コード・メロディを表す各楽器の役割を知るためにバンド形式で演奏。課題曲の後、自由曲の演奏にも挑戦し、リズムのグルーヴ感をつくり出します。
イメージ
ステージ演奏実習
ステージ演奏実習
学年末発表会に向けて、バンド形式で練習曲に取り組み、各楽器に必要な演奏技術を磨く。観客に披露することを目的として、バンドとしての演奏力向上、発表曲の完成を目指します。
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • 卒業生インタビュー
  • 芸短ライフ
Top