ポピュラーダンスコース  第4回卒業公演

8人の鍛錬の成果と熱い想いが
凝縮された2年間の集大成

最新の演出技術を駆使した舞台で、多彩なダンス表現を披露!

写真

2018年は卒業を迎える8人の2回生が、2年間の集大成となる卒業公演にのぞみました。会場のあましんアルカイックホール・オクトは、最大約800席のフリーイベント空間で、ファッションショーのようなせり出し舞台、ランウェイを備えたユニークなステージ構成に期待が高まります。

写真

全員でつくり上げた卒業作品のタイトルは「COLORFUL」。ストーリー仕立てでダンスが展開されていきます。
真っ白なキャンバスを前に、うまく描くことができずにもどかしさを感じる日々。キャンバスと向き合い続け、葛藤、出会いを経験しながら、さまざまな景色を見ていくことで、次第に真っ白だったキャンバスは自分の色に染まっていく。そんな心の成長をさまざまなジャンルのダンスで、思いを込めて表現していきます。

写真
写真

曲ごとにテーマカラーを打ち出し、美しいモノトーンの照明の中に繰り広げられるしなやかな動きに目を奪われます。

写真
写真

時には背景やステージの床にプロジェクションマッピングの技術で映像が映し出され、その映像の動きとダンスが連動するという驚きの演出も随所に見られました。

写真

一人ひとりが自分の色を手に入れていき、カラフルな新しい自分に出会うことができました。

パワーあふれるノンストップの1時間

写真

本編のあとは、2回生と1回生がそれぞれ振り付けた曲もふくめてさまざまジャンルのナンバーが繰り広げられる「ショータイム」がスタート。

写真
写真
写真
写真

息の合った動きが、卒業公演にかけるみんなの想いを物語ります。

写真

最後に2回生全員が思い思いのソロダンスを披露して観客への感謝の気持ちを伝え、感動のフィナーレを迎えました。

学生インタビュー
ダンスだけで心の動きを表現する
大きなチャレンジをみんなで選びました!

物語をダンスだけで表現するために、みんなで半年かけてじっくり話し合いながら構成を練り上げ、トレーニングを重ねてきました。壁にぶつかることもあったけど、いつも仲良く、ダンスを愛するメンバーだから乗り越えることができました。今は達成感でいっぱいです!

メディア・芸術学科
ポピュラーダンスコース 佐藤愛子さん
帝塚山学院高等学校/大阪府
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • 卒業生インタビュー
  • 芸短ライフ
Top