メディア・芸術学科  ポピュラーダンスコース

ポピュラーダンスコース

プロの技を間近で感じて、自分らしさを身につけます。

将来ダンサーや振付師、ダンス指導者など表現者を育成するコースです。ダンス全般の基礎のほか、ジャス、ヒップホップ、レゲエといったポピュラーダンスを習得。他のコースとの連動で多彩な表現力を磨くことも可能です。

イメージ

授業紹介

1・2年次
の学び

体づくりをしながら基礎を築き
個性ある表現力の幅を広げる

姿勢や呼吸法など踊るための基礎となる体づくりとポピュラーダンスの基本を学習します。

【ポピュラーダンス演習】
ジャズ、ヒップホップ、ハウスなどさまざまなポピュラーダンスを習得します。
【ミュージカル演習】
ミュージカルの作品を題材に歌やダンスの実践をとおし、ステップアップをめざします。

卒業後

ヒップホップ、ジャズダンスなどのダンサーやダンス指導者への道が開けます。また、メディアコースなど他コースの選択科目で培った企画力を活かし、プランナーやプロデューサーをめざすことも可能です。

Teacher's Message

基礎から学んで、心から
動けるようなダンサーに

1年次では基礎的なバレエや柔軟を、2年次にはさまざまなジャンルのダンスを習得。心の動きをそのまま表現できるよう指導していきたいと思います。

専任講師 珠洲春希
宝塚歌劇団出身。
雪組で初舞台を踏み、宙組の設立以降は宙組の男役として数々の舞台に立つ。

さまざまな基礎を習得してから
ダンサーとしての大きな飛躍を!

将来はダンスの道へ、という意欲のある学生を歓迎します。ダンスに必要な筋力トレーニングや曲に乗るためのビートを刻む練習などで基礎をきちんと固めます。そのあとで、多彩な振り付けを習得していき、大きくステップアップしていきましょう。

講師 松村武司
ジャズダンスやロック、ストリート、ヒップホップなど多彩なジャンルのダンスをこなし、TV、CM、コンサートなどでダンサーとして活躍。コンサートなどでの振り付けの依頼も多い。

授業風景

イメージ
イメージ
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • 卒業生インタビュー
  • 芸短ライフ
Top