メディアコース  出版

実践的な授業でプリントメディアを自分のものに。

出版・広告・放送・映像の4つの中から希望のジャンルを選択することができます。
情報紙の作成など、より実践的な授業で製作のノウハウやチームワークの大切さを学びます。

イメージ

授業紹介

1年次の
学び

DTPソフトの使い方を習得し
本作りの全プロセスを体験

新聞・出版の知識を学ぶと同時にプリントメディア作り に必要な技術の基礎を学習。まずは「ふるさと新聞」を制 作、続いてグループワークによる冊子作りで、DTPソフ トの使い方を習得。後期には自ら企画した本を執筆、編集、 レイアウトして、本作りの全プロセスを体験します。

2年次の
学び

情報誌『パラボラ』を卒業制作
企画編集から制作発行まで習得

学生ならではの視点で、取材や編集、レイアウトを経て 発行する2年間の集大成の学内誌『パラボラ』。キャンパ ス紹介や学祭レポート、教授インタビューなど、毎日取 材を繰り返し経験を積みます。伊丹市民のための情報誌 『キラキラ』は年2回、8月と2月に発行します。

卒業後

雑誌編集者、情報誌編集者、カメラマン、デザイナー、ウェブデザイナー、校正者、DTPオペレーターなど
主な就職先
情報誌編集者(ウーマンライフ社、シティライフ社)、ウェブデザイナー(靴販売会社)、カメラマン(スナップ、記念写真スタジオ、スタジオカメラマン助手)、校正者(広告制作会社)、DTPオペレーター (印刷会社)、プランナー(イベント企画会社)、ディレクター(カタログ制作会社)、DTPインストラクター(音楽大学で公演パンフレット制作指導)
主な進学実績
大学進学者は過去7年間で9人( 昨年度はゼロ)。今年度は1人が進学予定。いずれも大阪芸術大学
在校生インタビュー メディア・芸術学科 メディアコース・出版 中道光美さん

広告制作演習

広告制作演習

卒業制作

卒業制作

Teacher's Message

本づくりや活字メディアの即戦力が身につく
濃い2年間です

「活字離れ」といわれる現代。でも実は、現代社会はメールやWeb閲覧など大量の活字で成り立っています。出版系ではそんな現実を見据え、本や新聞、雑誌をはじめWebやデジタル分野における発信者になれる技術を身につけます。

Check!
教授 松尾理也
産経新聞社でロサンゼルス、ニューヨーク両特派員、経済紙編集長などを歴任。イラク戦争では陥落直後のバグダッドに入って現地取材。インターネットメディアの新規事業開発の経験も。メディアの未来を見据え、人材育成に力を入れる。

授業風景

出版系

イメージ
出版基礎制作演習
出版メディアの表現力と出版の仕組みを体験する
本の企画、執筆、デザイン、組版、構成、印刷という一貫したプロセスを体験し、出版の仕組みを理解します。
イメージ
出版制作演習 II
フリーペーパーを実制作
地域情報紙「キラキラ」を実際に発行。まずは、読者ターゲットの設定からはじまり、紙面企画、取材、編集など一連の制作プロセスを通して取材マナーや報道倫理を身につけます。

メディアコース共通選択科目

イメージ
映像概論
「映画」とは何か?を追究
映画の誕生から黄金期、テレビ映画の誕生など、日本と海外の映画の歴史を振り返りながら、未来を見つめます。
イメージ
コンピューター基礎
各種ソフトの操作をマスター
基本ソフトの操作を学び、情報収集力や思考力、表現力を鍛えます。
Top