メディアコース  映像

第一線のプロと一緒に映像の基本を徹底習得。

出版・広告・放送・映像の4つの中から希望のジャンルを選択することができます。
「映像」では、テレビ・ラジオの番組製作など、より実践的な授業で製作のノウハウやチームワークの大切さを学びます。

イメージ

授業紹介

1年次の
学び

映像制作の基礎的な創作方法を学び 現場で通用する即戦力を身につける

映画・映像・テレビ業界と同じカメラや編集ソフトなどを 使った実践的な学習で即戦力を身につけます。1年次で は、まず企画・脚本・演出・演技・撮影・編集などの映像制 作の基本を習得します。

2年次の
学び

グループで実際にドラマ制作。
そのまま現場で活躍できる力を養成

卒業制作として、個人作品制作と、グループによるドラマ映 画制作を並行して進めていきます。同時にゼミにおいて、丁 寧な進路指導を進め、そのまま現場のスタッフとして活躍で きる人材を育成します。

卒業後

助監督、AD、制作進行、美術助手、撮影助手、録音助手、照明助手、シナリオ、大阪芸術大学映像学科編入
主な就職先
各ジャンルの映像制作会社、ケーブルテレビ局、映画撮影所内プロダクション、美術・装飾会社
主な進学実績
大阪芸術大学映像学科編入
在校生インタビュー メディア・芸術学科 メディアコース・映像 石川翔太さん

広告制作演習

広告制作演習

卒業制作

卒業制作

Teacher's Message

プロそのままの機材とノウハウで 映像制作の即戦力を育てます

あくまでもプロフェッショナリズムにこだわった授業を心掛けていますから、プロとしてのノウハウ、技術がリアルに習得できるはず。機材も第一線の現場と同じものなので、即戦力として通用するスキルが身につきます。

Check!
客員教授 金秀吉
今村昌平プロデュースの作品で史上最年少監督として
デビュー以来、映画監督、脚本家として活躍。2013年は錦織一清演出・内博貴主演の舞台『ザ・オダサク』の脚本を手掛け、再演が決定。

授業風景

映像系

イメージ
映画基礎制作演習
各自が担当をもち、短編映画を制作
デジタルビデオカメラやノンリニア編集などの基本的技法を身につけながら短編映画を制作。学生映画コンクールへの出品をめざします。
イメージ
映画制作演習 I
16mmフィルム作品づくりに挑戦
演出(制作)、撮影、美術、音響の4つのポジションに分かれ、映画づくりを体験。オールラッシュの後、音入れを行い、16mm映画作品を完成します。

メディアコース共通選択科目

イメージ
映像概論
「映画」とは何か?を追究
映画の誕生から黄金期、テレビ映画の誕生など、日本と海外の映画の歴史を振り返りながら、未来を見つめます。
イメージ
コンピューター基礎
各種ソフトの操作をマスター
基本ソフトの操作を学び、情報収集力や思考力、表現力を鍛えます。
Top