デザイン美術学科  空間演出デザインコース

インテリアデザインコース

インテリアから生活雑貨、スタイリング、ガーデン&フラワーデザインまで、
生活空間を豊かに彩る発想やデザインを習得。

住居や商業施設のインテリアデザイン、ディスプレイデザインをスタートに、建築デザイン、展示施設、プロダクトデザインなど幅広く学習。

イメージ

授業紹介

1年次の
学び

人と社会と空間の関わりを考え空間演出デザインの基礎を幅広く学ぶ

空間演出デザインコースでは、インテリア・ショップ・プロダクトデザインをはじめ生活雑貨やディスプレイデザイン、フラワーデザイン、ガーデンデザインなど、生活空間を彩るさまざまなデザインを実践的カリキュラムで学びます。1年次は空間演出に必要なデザインの基礎技術の習得を中心に、空間演出の領域全般を広く学び、2年次に専攻分野に進む前に総合的な知識やデザイン力を身につけます。

在校生インタビュー 濱崎菫

2年次の
学び

将来、スペシャリストとして活躍する
ために実践的手法をより深く学ぶ

空間演出デザインに求められることは、時代の流れを読みとり、具体的な形に展開する力。2年次はそれぞれの専攻分野で知識を深め、技術を習得します。また産学協同プロジェクトなども取り入れ、より実践的な専攻実習を通して、アイデアを具体的な形に完成させるプロセスを学びます。将来、空間演出スペシャリストとして、人と社会に貢献し、生活空間を豊かにする役割を担うことを理解して、オリジナリティあふれる作品づくりに取り組みます。

卒業後

空間演出デザインに求められることは、時代の流れを読みとり、具体的な形 に展開する力。2年次はそれぞれの専攻分野で知識を深め、技術を習得します。また産学協同プロジェクトなども取り入れ、より実践的な専攻実習を通して、アイデアを具体的な形に完成させるプロセスを学びます。将来、空間演出スペシャリストとして、人と社会に貢献し、生活空間を豊かにする役割を担うことを理解して、オリジナリティあふれる作品づくりに取り組みます。
主な就職先
イワタニ北陸(株)、明治安田生命、パソナユース、ノエルヤマモト、ソシオクラフト、小倉商会、日本電設工業、F ranc F ranc、ラジマル、ダイハツテクナー、スズキインテリア(フレンドアート)、ほか
主な進学実績
大阪芸術大学、京都造形芸術大学、成安造形大学、京都精華大学、大阪工業専門学校、京都建築大学校、飛騨国際工芸学園

Teacher's Message

次代に活躍する
感性豊かな人材を育成

空間演出の分野は多岐にわたり、日々めまぐるしく進化しています。将来スペシャリストとして活躍するためには、常に新しい情報を得られる環境に自分を置くこと。そして時代の変化を肌で感じ、さまざまなことに興味を持ち挑戦すること。視野を広げる姿勢が柔軟な発想につながります。確かな技術をベースに、感性豊かなデザインができる人材を育成します。

教授 緋田昌弘

Teacher's Message

生活の中にちりばめられた
デザインを考察することから

デザインはあらゆるものと繋がっています。食べること、見ること、遊ぶこと、眠ること、入浴すること。人の生活の営みのすぐそばにある空間について考えていくということは、つまり自分の人生を設計していくかのような行為です。空間を考えるということは、日々の自分の生活が注意深く考察され始める瞬間でもあり、最初のうちはわからないことが多くて大変な時期もあるとは思いますが、コツをつかむと、生活の中に建築という要素がちりばめられていることに気づき始めます。気づく力、考える力、表現する力、伝える力、そんなことをみなさんと一緒に学んでいくことができればと考えています。

大阪芸術大学准教授(短大兼担教員) 谷尻誠

授業風景

イメージ
建築インテリア専攻実習/プロダクト専攻実習
快適な住空間をデザインから学ぶ
楽しい住空間をテーマに、一定の条件のもと自室をデザイン。平面計画からラフ模型、照明や家具の計画までデザイン行程を体験します。
イメージ
表現研究(CAD)
CAD操作とデザインのプロセスを知る
CADを使ったインテリアデザインについて学びます。フォトレタッチ、CGソフトなど各種ソフトの操作方法も修得します。
イメージ
表現研究(プロダクトD)
イメージを形あるものへ
アイデアをいかに展開、表現していくかをテーマに、CAD作業のスキル修得とともに、2次元的表現力も養います。
Top