デザイン美術学科  絵画コース

絵画コース

思い思いの表現でオリジナリティを確立します。

絵画を具象・抽象・現代絵画の3つに分類し、それぞれの考え方や技術を体系的に学習。1年次には美術史や美学概論、造形の基礎を身につけ、対象物の油絵表現にも挑戦。さらに2年次では自己の絵画の確立をめざします。

イメージ

授業紹介

1年次の
学び

デッサンや造形の基礎を中心に
モデルの油彩表現も体験

絵画を具象・抽象・現代絵画の3つのジャンルに分類し、考え方や技術を体系的に習得します。美術史や理論を学び、歴史的背景への理解を深めます。

【基礎実習(絵画)】
オーソドックスな油彩画の考え方や描き方を実習の中で体感していきます。

2年次の
学び

1年間の基礎技術を活かし、
個性豊かな発想を追求

プロのアドバイスを基に、さらに常識にとらわれない自由な発想の表現力に磨きをかけます。独自の画風を模索しながら、後期からは卒業制作へと臨みます。

【専攻実習Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ】
近代から現代まで幅広い絵画の技術や知識を学び、個性的な作品づくりに挑戦します。

卒業後

日本画や洋画の作家として活動する他、学校の美術の教員、企業・団体の美術専門職や美術館の職員として働くなど、関連職に就いたり、一般企業で働きながら、独自の創作活動を続ける卒業生も多くいます。絵画で身につけた自由な発想は、あらゆる業種の創造的な活動に多いに役立ち、さまざまな分野で活躍しています。
主な就職先
大丸、大洋、イシモト動物病院、きむら歯科医院、空印寺、タケシカンパニー、イトキン、岩倉印刷紙業、大阪マルニ、ダイハツテクナー、トーホー、日本フレックス工業、三井住友銀行、日本生命保険相互会社、オービット
主な進学実績
大阪芸術大学、流通科学大学、京都精華大学、日本工学院専門学校

Teacher's Message

基礎をみっちり身につけ
公募やコンクールに挑む

少人数制の実習クラスで基礎技術を学んだら、学内外の公募展や各種コンクールに積極的に参加することを勧めています。受賞する学生もいますが、その結果ではなく、自分の作品を客観視することで世界観が広がり、自分の表現力を一段アップできるチャンスになります。

教授 井上孝博

授業風景

イメージ
専攻実習
対象を観察し再現描写する
近代絵画についての多様な知識と技法を学習。主に油彩制作に取り組み、近代絵画の多様な広がりを体験します。
イメージ
基礎実習(絵画)
油画の基本を学ぶ
古典的な西洋絵画を手本にして、最もオーソドックスな油彩画の考え方や描き方を体験的に学んでいきます。
イメージ
表現研究(造形計画)
基礎表現に必要な描写力を養う
日本画の歴史・知識を学習します。写生や日本画制作を通して観察力、そしてそれを表現する描写力を養っていきます。
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • 海外研修
  • 卒業生作品
  • 卒業生インタビュー
  • 芸短ライフ
Top