デザイン美術学科  根付コンペティション記念展

グループ校生でオリジナル作品を競い合う
「根付」コンペティション

第8回高円宮殿下記念 根付コンペティション記念展

写真

「根付」とは、江戸時代に煙草入れや印籠などを帯からひもで吊るして持ち歩く際に用いた留め具のこと。実用的でありながら、芸術的な価値も注目される装飾品です。大阪芸術大学客員教授の高円宮妃久子殿下は、高円宮憲仁親王殿下とともに世界有数の根付コレクターとして、また、現代の根付作家を育成されてこられたことで知られています。大阪芸術大学グループでは、高円宮殿下を記念して、グループ校(大阪芸術大学、大阪芸術大学短期大学部、大阪芸術大学附属大阪美術専門学校)の在学生を対象に、年に1回の「根付コンペティション」を開催しています。第8回目の今年は、12月に受賞作を展示する「根付コンペティション記念展」が大阪芸術大学スカイキャンパスで開催され、オープニングでは表彰式が行われました。

芸短デザイン美術学科から5名が入賞!

写真

優秀賞
仲井彩美『狐の嫁入り』

写真

入選
稲尾真琴『おしくらまんじゅう』

写真

入選
上田英実『福ラガエル』

写真

入選
長尾ほの香『ビール腹』

写真

入選
細川直紀『出世魚くん』

今年は、昨年よりも多い158点の応募があり、高円宮賞、学長賞、特別賞、優秀賞、入選、努力賞の計19名が選ばれました。芸短からは、デザイン美術学科キャラクター・マンガ・フィギュアコースで学ぶ5名が入賞を果たし、デザイン美術学科2年生の仲井彩美さんは完成度の高い作品で優秀賞に輝きました。
授賞式の後に行われた内覧会では、高円宮妃久子殿下が学生一人ひとりとお話され、貴重なアドバイスをいただきました。

写真
受賞者インタビュー
妃殿下のアドバイスを胸に、今後もがんばります!

狐の毛並みなど細部を表現できるように、丁寧に仕上げました。妃殿下からは根付が実際にどのように使われてきたか教えていただき、実用性とデザインに関するアドバイスをいただきました。今後の作品に生かしていきたいと思います。

優秀賞受賞
デザイン美術学科キャラクター・マンガ・フィギュアコース
仲井彩美さん
女子美術大学付属高等学校卒業/東京都
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • 海外研修
  • 卒業生作品
  • 卒業生インタビュー
  • 芸短ライフ
Top