デザイン美術学科  芸短ライフ

デザイン美術学科 芸短ライフ 大阪芸術短期大学部に通う学生の生活を紹介いたします。

1日 デザイン美術学科 1年生 島津加代子さん
2年間 デザイン美術学科 2年生 村田一紗さん
卒業後 デザイン美術学科 卒業生 柳沢かおりさん

1日 島津加代子さん 六甲アイランド高校卒業 デザイン美術学科 1年生

表現力が向上するほど、目標も高くなっていく一年です

イラストレーションコースを専攻しています。自分の好きな歌をモチーフにしてイラストを描くのが好きで、時間をみつけて書いています。今後は自分が納得できる表現力を身に着けていきたいです。

08:45 中山寺駅から徒歩10分。アイデアハンティングの時間です

自宅から電車を乗り継いで1時間ほどで学校に到着。登校中はお気に入りの音楽を聴いたり、ぼんやり電車の中の人たちを観察してイラストの参考にすることも。

写真

09:00 先人に学ぶ、デザイン史(1限目)

19世紀から21世紀にかけての欧米のデザイン運動や社会背景の関わりなど、近代から現代のデザインの歴史について学びます。

10:40 表現の基本、キャラクター原論(2限目)

デザインにおけるキャラクターの重要性を学び、動物やロボットなどさまざまなキャラクターの活かし方を習得します。

好きな先生は立本倫子先生

写真

12:10 カフェのパスタでもお弁当でもここはみんなの憩いのスペース

お昼休みになると一気ににぎやかになる共有スペース。カフェにはパスタもあるんです。お弁当持参のときも、ここに来れば友達に会えるので楽しい!

写真

12:50 イラスト基礎実習(3限目)

基礎となる絵画手法などさまざまなテクニックを学びます。豊かな想像力をもとに表現力を磨きます。

写真

お気に入りの場所は芝生広場の前のベンチ

お昼休みはお気に入りのベンチで、お弁当を食べたり、好きな音楽を聞いていることが多いです。何も考えないひとりの時間も大事にしています。

写真

14:30 技術は表現力を支える。デッサン(4限目)

人物、石膏などをモチーフにした基礎を学び、風景、自画像、幾何学体などさまざなテーマについて描き、デッサン力を高めます。

他学科との交流が部活の楽しみ

軽音楽部で5人編成のバンドをやっています。今年の芸短祭のステージでもボーカルをつとめました。メディア・芸術学科の音楽の授業にも興味があるので、一度受けてみたいです。

写真

2年間 村田一紗 宇治山田高校卒業 デザイン美術学科 2年生

自分を模索することから自分を追求する日々へ。芸短が与えてくれること。

以前ホテルで働いていた経験があるのですが、昔からモノづくりが大好きで、今後の進路を模索しているときに芸短に出会いました。芸短の2年間の経験をいかして、自分の可能性を追求してみたいと思います。

1年目4月 多分、可能性への「入学」です

モノづくりが大好きで本格的に勉強をしようと思い芸短に入学。自分の可能性を追求する場所として、芸短がピッタリでした。

写真

3コース履修後専攻コースを選択

1年次の前期に絵画、キャラクター造形、フィギュアアーツなど8つのコースの中から3つを受講し、後期に専攻コースを選択することができます。

1年目9月 表現の可能性を追求、版画コース授業

1年目は自分の目標づくりとして、ガラス工芸やビジュアルデザイン、立体造形などを学びました。学校にも慣れてきたので、家具のコンテストに応募してみたら、ベストデザイン賞をいただき、とても励みになりました。

写真

創作を支える超一級の施設。2年間自由に使うのです

デザイン美術棟の中庭のアトリエや、陶芸制作アトリエ、スタジオ、コンピュータルームなど空いていれば自由に使用できる設備充実の本格的な施設が揃っています。

写真

2年目5月 伊丹キャンパスの中庭。深呼吸できる場所

1年目から好きだったのが、立体像系制作スペース近くにある中庭。ぼんやりしながら季節の変わり目を感じるのが好きです。いつの間にかたくさんの友達が集まって盛り上げって居ることもよくあるみんなの場所です。

写真

個性の競演!オリジナルグッズコンテスト

毎年恒例のオリジナルグッズコンテスト。Tシャツ部門とキャラクター部門にわかれ、学生たちの人気投票で入賞が決まります。入賞作品はオープンキャンパスで配布されます。

2年目10月 イメージと汗と結晶。その思い出に◎卒業制作

卒業生制作の準備の真っ最中。気がついたら夜の21時を過ぎていたこともしばしば。教室にはいろいろ設備が整っているのでとても便利です。

写真

発想してつくりあげる。そのプロセスを知っているのが卒業後の強み!

“モノづくり”ができるような就職先を探したいと思っています。自分のやりたいことが見つかれば、国内でも海外でも挑戦してみたいと思います。

卒業後 柳沢かおりさん デザイン美術学科 奈良女子高等学校卒業

数万人がデザインに共感!日本のスポーツの王様、野球をデザインする喜び

プロ野球チームから実業団、高校野球などアマチュアまで、様々なユニフォームのエンブレムをデザインするのが私の仕事。将来的には自分自身で書体をオリジナルデザインでおこせる腕利きのデザイナーに成長したいです。

2012年9月 デザインの可能性へ、就職活動

就職課のサポートもあって、ビジュアルデザインコースで学んだスキルが生かせる毎日マーク株式会社に内定を頂きました。でも、苦手なスポーツ関連の仕事なのでちょっと不安でした。

写真

2013年2月 実践へのインターン

卒業制作のかたわら、週に2〜3日は毎日マーク株式会社でアルバイト。イラストレーターなどグラフィックソフトを使って、ロゴをトレースして基本的な操作を覚えることができました。

2013年4月 入社。◎会社を理解します

同期入社は3名。入社後の研修は工場や事務も含め、会社の業務を一通りこなしていきます。他の部署の方がどんな仕事をしているのかを理解する事は後の業務にすごく役立ちました。

2013年9月 入社5ヶ月。デザインを実践!

上司に「仕事が上手くなったな」と褒められてテンションアップ! やっとルーティンのトレース業務だけじゃなく、デザイン起こしの仕事もまかせてもらえるように。

写真

2013年11月 入社7ヶ月。明日のデザインへ

来年度はデザイン部に後輩が入社することが決定しました。後輩が入って来た時には色々教えてあげられるようにならねばと決意。目標ができてスキルアップへのモチベーションもアップ!

写真
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • 海外研修
  • 卒業生作品
  • 卒業生インタビュー
  • 芸短ライフ
Top