デザイン美術学科  デジタルアーツコース

デジタルアーツコース

PCを使いこなし現代の表現を先導する技術を学びます。

デジタルアーツコースでは、コンピュータグラフィックや2次元や3次元動画などの技術が発展するなかで必要とされるデジタルアートテクノロジーに主眼を置き、実践的な作品制作を通じて様々な表現方法を習得します。

イメージ

授業紹介

1年次の
学び

デジタルアーツの基礎を学び
柔軟な発想と技術を身につけます

CG(デジタルアーツ)技術にかかせないPCを使ったデジタルテクニックの基本的な技法を学び、アニメーション技法も含めた確かなスキルを身につけます。1年次の基礎実では、「イラストレーター」や「フォトショップ」など、2次元のアプリケーションソフトを徹底的にマスターします。

2年次の
学び

1年次の基礎技術を活かし
個性溢れるデザイン力を習得

2年次からは3次元のソフトもマスターし、あらゆるデジタルアーツに対応できる人材を育成します。習得した理論と表現技術を基に、自分の想像力と手の延長としてPCを使いこなせる技術を徹底的にマスター。その上で、技術力だけではない、オリジナリティ溢れるデザイン力を発揮できる人材をめざします。

卒業後

CG制作やアニメーション、Webデザイン、デジタルコンテンツ制作、デジタル広告など、さまざまなメディアでのデジタルアーツを用いた職業への可能性が開かれています。今後、デジタルアーツの知識を活かした職種の領域は、さらに多岐にわたり増加の一途を辿ると思われ、そのスキルへの需要はますます大きくなっています。
主な就職先
(株)大同工業所、チモロ(株)、内田写真(株)、毎日マーク(株)、(株)ユニクロ、STUDIO ARC、山下印刷紙器(株)、一畑電気鉄道(株)、(株)小倉商会、(有)黒田デザイン事務所、(株)クロスカンパニー、(株)オーエフティー、(株)長崎堂、(株)黒船

Teacher's Message

いつも話し合いながら
高いクオリティをめざそう

自分が頭の中で思ったことや考えたことを、そのままPCのディスプレイ上に表現できるように徹底的にスキルを学んでほしい。答えのない世界に挑戦するのだから、なるべくみんなで話し合って、よりいいもの、レベルの高いものをめざして頑張りましょう。

Check!
准教授 保木本和夫

授業風景

イメージ
専攻実習(ビジュアル・デジタル)
デザインの役割と表現方法を学ぶ
2分野それぞれに開講。CI計画やウェブデザインなど個々に創作活動を行い、表現力を磨きます。
イメージ
基礎実習
制作プロセスを学習する
コンセプトづくりから、イメージの構築、アイデアスケッチ、本制作、発表までのプロセスを学習します。
Top