デザイン美術学科  工芸・立体デザインコース

工芸・立体デザインコース

いろいろな素材に実際に触れることにより、造形の可能性を広げます。

1年次ではモデリングとカービングを通して造形的感覚を身につけ、専攻実習で素材と道具を研究。さらに2年次では、各自で自由に素材を選択し、カービング・モデリング・キャストなどの立体表現に取り組みます。

イメージ

授業紹介

1年次の
学び

立体的に捉える力を身につけ
造形と空間との関係を学ぶ

工芸や彫刻の基礎を習得し、立体造形を学びます。陶芸・ガラス工芸といった素材や道具の特徴を知ることで技術の基礎を固めます。

【立体造形】
素材を立体的に捉え、自分らしさのある創造的な作品づくりを実習によって身につけます。

2年次の
学び

自らの資質に合った素材を基に
感性溢れる作品づくりを進める

平面的なものを立体的に捉える力や表現力を身につけ、創造性の高い卒業制作をめざします。各自で選んだ素材を用いて、より高い創造性の作品づくりに挑みます。

【専攻実習Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ】
木・陶・樹脂をはじめ、自分の表現にあった素材をみつけるための制作を行います。

卒業後

大阪芸術大学彫刻コース・陶芸コース・ガラス工芸コースへの編入や作家への道が開けています。また、造形の知識と技術が求められる一般企業でも活躍しています。平面のものから立体的に物事を考える力が身につき、あらゆるモノづくりの現場で活躍の場が広がっています。
主な就職先
大同信用組合、刑務官、クヌギザ、いづみ企画、優美社産業、浪速クラブ、関西ディスプレイ、belly belly、和気、日本電設工業、ブールミッシュ、フォーラムエンジニアリング、三井住友銀行、摂津水郡信用金庫、淡陽信用組合、ビープラス
主な進学実績
大阪芸術大学、京都造形芸術大学通信教育部、ルトーア東京美術専門学校トータルビューティコース、神戸製菓専門学校、関西保育福祉専門学校、カプランインターナショナルサンフランシスコ校

Teacher's Message

固定概念を破ることが
独創的な発想につながる

彫刻には多種多様な素材があるので、自分の個性に合った素材をみつけることが大事です。
さらに、固定概念を破ること。過去の成功体験が頭に残っていると、その枠に凝り固まってしまい、自由な発想の邪魔になることも。自分だけの独創性を発揮してほしいですね。

准教授 堀野利久

授業風景

イメージ
専攻実習
立体造形における発想力と表現技法を学ぶ
ブロンズ鋳型の制作や粘土による人物像制作から、素材を通じてイメージを表現する技法を修得します。
イメージ
基礎実習
3次元的にとらえる力を修得
物体を3次元的にとらえる力を修得します。基礎的な作品づくりから創造性の高い表現へと発展をめざします。
イメージ
表現研究(造形計画)
機能と造形美の融合を追究
動物をモチーフに、身近な生活日用品を制作します。平面表現から立体造形するプロセスを体験します。
工芸Ⅱ(ガラス)
工芸Ⅱ(ガラス)
ガラスの素材感を体験、造形表現へ進む。
吹きガラス、バナーワーク、スラッピング、バート・ド・ヴェール等、ガラス工芸の基礎技術を体験する。
Top